JDCセミナー「誰もが読める! アクセシブルな電子書籍のニーズと最新情報」発表資料

2019/07/23

2019年07月19日(金)に、日本DAISYコンソーシアム主催 、日本電子出版協会(JEPA)、 慶應義塾大学SFC研究所 アドバンスド・パブリッシング・ラボ (APL)共催により、JDCセミナー「誰もが読める!アクセシブルな電子書籍のニーズと最新情報」を開催いたしました。

今回のセミナーは、2016年の障害者差別解消法を追い風にして、2018年度のDAISY教科書利用者は1万人を超え、テキストのアクセシビリティがますます重要になってきている中、障害者のニーズをみたす電子書籍のアクセシビリティについて、長年携わってきた第一人者の方々に最新情報を提供してもらいました。

当日は、90名の参加者の皆さまにお越しいただきました。

中でも出版関係者の方々に多数おいでいただき、アクセシブルな電子書籍のニーズの共有と、最新動向を踏まえた今後の電子書籍の在り方について共有することができました。

以下に、発表資料を公開いたしますのでご参照ください。

 

「EPUBのアクセシビリティにかかわる標準化(W3C及びISO/IEC)」
村田真(慶應義塾大学特任教授(Advanced Publishing Laboratory))

PowerPoint版

http://atdo.sakura.ne.jp/jdc/2019seminar/murata.pptx

word版(情報保障用)

http://atdo.sakura.ne.jp/jdc/2019seminar/murata.docx

 

「DAISY教科書提供の現状」
西澤達夫(日本障害者リハビリテーション協会参与)

PDF版

http://atdo.sakura.ne.jp/jdc/2019seminar/nishizawa.pdf

word版(情報保障用)

http://atdo.sakura.ne.jp/jdc/2019seminar/nishizawa.docx

 

「利用者のニーズとは―国内の視覚障害者等の読書状況とサピエ図書館について」
竹下亘(全国視覚障害者情報提供施設協会理事長/日本ライトハウス情報文化センター館長)

PDF版

http://atdo.sakura.ne.jp/jdc/2019seminar/takeshita.pdf

テキスト版(情報保障用)

http://atdo.sakura.ne.jp/jdc/2019seminar/takeshita.txt

 

「アクセシブルな電子書籍の開発と普及に向けたDAISYコンソーシアムの国際的な最近の活動」
河村宏 (日本DAISYコンソーシアム運営委員長)

word版

http://atdo.sakura.ne.jp/jdc/2019seminar/kawamura.docx