DAISYコンソーシアムのAvneeshがW3Cの諮問委員に立候補

2019/05/07

DAISYコンソーシアムのAvneesh Singh氏が、W3Cの諮問委員(Advisory Board)に立候補しています。

ステートメント

http://www.daisy.org/avneesh-singh-formal-ab-statement-multiple-languages.html

以下、日本語訳と英語原文です。

<日本語訳>

Avneesh Singh  目標のある人生をめざす戦略的リーダー

私は、DAISYコンソーシアムの運営・戦略担当の最高執行責任者を務めています。DAISY コンソーシアムは、W3Cの長年のメンバーであり、アクセシブルなデジタル図書の国際規格の開発と維持をしている団体で、アクセシビリティを、特別なものではなくて一般的な 規格に統合していく活動の中で、IDPFやW3Cの活動に活発に、深く関わるようになりまし た。
2000年にコンピュータ工学を学んでいた私は、急速に視力を失い始め、そのときに初めて 、ウェブ技術の持つ大きな可能性に気づきました。私はその頃インドでなんとか学校を卒 業して、生きていくための仕事を見つけることに必死でした。しかし社会では、視覚障害 のエンジニアは使いものにならないと考えられていました。リハビリテーションセンター は、工学分野のアクセシブルな教材の作成はしてくれませんでした。遅いダイヤルアップ のインターネット接続だけが、私が情報を得る唯一の手段となり、工学の学位を修了する ための力となり、私はインターネットが障害者にもたらす大きな可能性を知ることとなり ました。
2006年から、私は、国際規格とソフトウェアの実装の開発において幅広い経験を積み 、それを通して、国際的な変化をもたらすためには、戦略的なレベルで仕事をして、国際 的なパートナーシップを構築する必要性を認識しました。 私は、戦略マーケティングの企業幹部向け経営学修士をインドの著名な経営大学院で取得 し、その後、非営利組織の理事がその力を最大限に発揮し、ガバナンスを最適化するため の手法をハーバード大学で学び、分析力と戦略スキルを発展させました。
2012年から、私は、DAISYコンソーシアムの理事会と共に、国際戦略開発とプログラ ムの実施を進めました。また、DAISYの技術開発とデジタル出版業界全体の共同事業を牽 引し、EPUB Accessibility規格の開発において共同議長を務めました。W3Cにおいては、 出版ワーキンググループとEPUB3CGのアクセシビリティ・タスクフォースの代表を務め 、WAIの開発に参加しました。インド国内では、私は、インド標準規格局LITD-15委員会の メンバーとして活動し、草の根の活動では、インドDAISYフォーラム理事会において全国 的な戦略とガバナンスを担っています。
ABの優先事項について述べますと、W3Cは、極めて重要な移行期にあり、私たちは、組織 、意思決定、そして法人組織に関する重要な決定を行い、国際的なリーダーシップを強固 にする必要があると考えて、次のことについて貢献したいと考えます。

  • 国際非営利団体での私の戦略、ガバナンス、マネジメントの知識と経験を活かします。
  • 次の10年で、10億人以上のインターネット利用者をうみだす可能性のあるインドに居 住している利点を活かして、私たちの世界的なコンソーシアムが、開発途上国および障害 のある人に適当な参加の機会を設けることも含め、世界中からの参加による国際規格の開 発を行うよう全力で取り組みます。
  • ABにおいて、アクセシビリティを強化し、アクセシビリティが規格検討の最初から最終 勧告まですべてにおいて組み込まれているように努力します。

私は、皆様が、世界中からの参加、インクルージョン、多様性、そしてW3Cのガバナンス
に豊かな変化を期待していることと思います。私は、ABに皆様を代表して参加することを 楽しみにしております。 ご連絡は、次のメールアドレスにいただければ幸いです。asingh at daisy dot org

<英語原文>

Avneesh Singh – A strategic leader with a drive for leading a life of purpose

I am Chief Operating and Strategic Officer at the DAISY Consortium, pioneer of international standards for accessible digital books and longtime active W3C member. Our focus on the integration of accessibility within mainstream standards has led to active and deep involvement with the IDPF and W3C.

I first realized the extraordinary potential of the World Wide Web in the year 2000, whilst studying Computer Engineering and rapidly losing my sight. Imagine my situation as a student in India, desperately searching for ways to complete my studies and to start earning a living. Society perceived a blind engineer as useless. Rehabilitation centers had never created accessible materials for engineering. My slow dial-up internet connection became a lifeline, bringing an information explosion to my life, empowering me to succeed in my engineering degree, and revealing the huge potential of the internet for people with disabilities.

Since 2006, I have gained extensive experience in developing international standards and software implementations. I soon realized the essential need to work at a strategic level, building international partnerships, to effect worldwide change.

I earned an Executive MBA in Strategy and Marketing from the prestigious Indian Institute of Management and further expanded my analytical and strategic skills at Harvard University, studying approaches to mobilize non-profit Boards and optimize governance.

Since 2012 I have led international strategy development and programme implementation with executive management and the Board of the DAISY Consortium. I lead DAISY’s technical developments and drive industry-wide collaborative initiatives in the digital publishing industry. I co-led development of the EPUB Accessibility specifications. At W3C I chair accessibility task forces in the Publishing WG and EPUB3CG, and participate in WAI developments. At a national level, I am a member of the LITD-15 committee at the Bureau of Indian Standards and at a grass roots level, I have led nationwide strategy and governance within the DAISY Forum of India board.

Looking at AB priorities: W3C is going through a vital transition and we need to make crucial decisions on structure, governance models and the legal entity, and to evolve the organization to reinforce its worldwide leadership. I will be instrumental in:

  • Bringing my knowledge and experience of strategy, governance, and management of an international non-profit membership organization.
  • Being based in India, an emerging economy that will provide over one billion internet users in the next decade, I am committed to ensure that our worldwide consortium creates worldwide standards with worldwide participation, including the appropriate representation of people from developing countries and people with disabilities.
  • Reinforcing accessibility in AB, I will work towards ensuring that accessibility is embedded in all standards from inception to Final Recommendation.

I trust you all believe in worldwide participation, inclusion, diversity, and bringing an enriching change to W3C governance. I am Looking forward to representing you in AB.

Please don’t hesitate to contact me asingh at daisy dot org

英語原文終わり

M.M.