勉強会「障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を」発表資料

2018/06/21

2018年6月15日、参議院議員会館にて「障害のある児童生徒にアクセシブルなデジタル教科書を -マラケシュ条約と著作物にアクセスする権利の国際動向に関する勉強会-」が開かれました。

当日の発表資料を公開させていただきます。

・「障害基本計画と公共調達による出版物アクセシビリティの推進」
石川 准(静岡県立大学教授、東京大学特任教授)-プレゼン資料(.pptx)

・「読むことの困難をデイジー教科書はどう助けるのか」
濱田 滋子((特非)NaD)-配布資料(.docx)
吉広賢史氏((公財)日本障害者リハビリテーション協会)-プレゼン資料(.pptx)

・「デイジー教科書を使う子供たちとその家族、製作ボランティアの思い」
牧野 綾(調布デイジー)-プレゼン資料(.pptx)発表原稿(.docx)
木全 知帆(調布デイジー)-配布資料(.pdf)
安納 里恵(調布デイジー)-発表原稿(.pdf)

・「デイジー教科書製作ネットワークの文部科学省への要望」
神山 博(青森公立大学教授)-プレゼン資料(.pdf)発表原稿(.pdf
(デイジー教科書製作ネットワークの文部科学省への要望書-要望書(.pdf)

・「マラケシュ条約批准とデイジー教科書のこれから」
河村 宏(日本DAISYコンソーシアム)-配布資料(.docx)

当日の字幕付きビデオは、以下のリンクよりご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=2Q1-jqc7ryI&feature=youtu.be