国際

理数系文書のアクセシビリティ講習会 in ハノイ

10月28日29日に、日本から、サイエンス・アクセシビリティ・ネットの講師を招いて、ベトナムのハノイで、理数系文書のアクセシビリティ講習会を実施しました。ハノイの視覚障害の高校生、盲学校の数学教員、盲人協会やNGO等の支援団体のスタッフ、教育大学の特別支援教育学部教員、視覚障害者の兄弟等が参加しました。 1日目の午前中は、講演会で、InftyReader(数式を含む文書の光学文字認識(OCR)ソフト)、ChattyInfty(理数系文書の音声による読み書きができるエディタ)、BrailleInfty(数式を含む点字データの編集ソフト)等のソフトの説明と、日本での活用事例が紹介されました。   午後は、視覚障害者向けに、ベトナム語に対応したChattyInftyを使った数式を含む文書の音声での読み書きの講習があり、参加者は、分母・分子を確認しながら分数を入力したり、指数や根号式等、いくつかの数式の入力を試したりしました。 2日目は、支援団体のスタッフ向けに、InftyReaderによる、PDFからの数式を含む文字認識と、ChattyInftyでデータを編集してDAISY出力する講習が実施され、参加者は、数式を含む文書の編集をして簡単なDAISYコンテンツを作成しました。 続きを読む

モンゴルの知的障害者のDAISY活用

  モンゴルの知的障害の人たちの、DAISY図書の活用がはじまっています。 2010年に当法人にDAISY研修に来たゴンチゴさんも、モンゴル語の絵本のDAISY化等で協力しています。 今後が楽しみです。 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1491635110913766&id=1306762772734335 続きを読む

ダスキン研修2017

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業で、今年は、ラムダスさん(インド)と、サンカさん(スリランカ)が、ATDOにDAISY研修のため来てくれました。 2週間の基礎研修を受けた後にインターンシップ(遠隔)をしました。 研修ではAMIS、Obi、Tobi、Save as DAISY 続きを読む

ハノイで理数系文書アクセシビリティのミーティング

「ベトナムの視覚障害者の理数系書籍のアクセシビリティ向上事業」(JICS(日本国際協力システム)助成)第一回ミーティングを、5月27日28日に、ハノイ市視覚障害青年の職業訓練とリハビリテーションセンターにて行いました。 ATDOがコーディネートをして、サイエンス・アクセシビリティ・ネットから日本人専門家を招聘し、ベトナム側はLift You Up (高等教育における視覚障害学生の教材のアクセシビリティの支援をしている団体)、ハノイ盲人協会、ブリッジ・オブ・ライト(視覚障害者にandroidによる支援をしている団体)、ハノイ盲学校等から参加があり、6人の視覚障害者を含む11人が集まり、熱心なディスカッションが行われました。 続きを読む

DAISYフォローアップ講習 in ハノイ DAISYプラネット記事掲載

DAISYコンソーシアムのDAISYプラネットに、ベトナムのハノイでのDAISYフォローアップ講習の記事が掲載されました。 http://www.daisy.org/planet-2016-06#a8 M.M.

インドネシアとフィリピンのDAISY研修生

2月17日から28日に、インドネシアとフィリピンからの「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」の研修生がATDOに来て、DAISYの研修を実施しました。 研修生は、Windows8.1でNVDAという無償のスクリーンリーダーを使って研修を受けました。 研修は主に無償でオープンソースのDAISYコンソーシアムのソフトを使って行いました。 研修では次の内容を実施しました。 AMIS, 続きを読む