EPUBアクセシビリティ検証ツールAce リリース

2018/02/02

EPUBのアクセシビリティ検証ツールであるAceがリリースされました。
以下、リリースの記事を日本語にしました。
原文:https://inclusivepublishing.org/toolbox/accessibility-checker/

DAISYのAce、アクセシビリティ検証ツール

DAISYコンソーシアムは、無料で使える、オープンソースの、アクセシビリティ検証ツールであるAceをリリースしました。Aceは、EPUBアクセシビリティ規格への適合性を評価するツールです。

この革新的なツールは、企業が、業界の調達要件のアクセシビリティの基準を満たすのを支援し、より高品質で、より規格に適合した出版物の製作を可能にします。製作チームは、製作したコンテンツがアクセシブルで、すべての読者のニーズを満たすものであることを再確認できます。また、流通関係者やエンドユーザーは、出版社が主張するアクセシビリティの根拠を確認できるようになります。

DAISYのAceは、コンテンツ提供者を、ワークフローのどの段階でも支援できるようにデザインされており、国際規格に適合した、より高品質で、よりアクセシブルなEPUBコンテンツファイルの製作を容易にします。

「Aceは、アクセシビリティのために何をすべきかの項目と重要度を明確にしてくれます」Simon Collinson、Kobo コンテンツ販売部長、Tilted Axis Press デジタルプロデューサー

Aceは自動チェックをして修正が必要な不適合項目をリストし、データを見やすく表示します。

Aceはスタンドアロンツールとしても使えるし、サード・パーティーのコンポーネントとして出版ワークフローや製作プロセスに組み込むこともできます。

Aceは現状ではコマンドラインツールとして提供されています。インストール手順、アップデート、使い方は、次のページに掲載されています。Getting Started Guide.

「簡単に使えて、確認結果はとても詳細で的確です」Eugene Reyes, ハーパーコリンズ

アクセシビリティをすべて自動的に確認することはできません。人が確認しなければならない項目もあるため、Aceがバリデータや認証ツールとして、アクセシビリティの合否判定をできるわけではありません。アクセシビリティの点数や対応率等を出せるわけでもありません。コンテンツを修正するツールでもありません。また、暗号化されていたり、DRMで保護されたEPUBは、チェックできない場合もあります。

「このツールは、出版業界がEPUB3規格のアクセシビリティの機能を十分活用するために必要なものです。すべての読者の最高の読書体験を可能とし、より多くの読者に届けられ、法律上、モラル上の責任を果たすこともできる、コンテンツの製作に向けて、これから一緒に前進しましょう。」
George Kerscher, DAISYコンソーシアム チーフ・イノベーション・オフィサー、W3C 出版業界グループ運営委員

よくある質問は、こちらに掲載されています: Ace Frequently Asked Questions

 

みなさんの参加をお待ちしています

この機会に、ワークフローにAceを採用して、アクセシビリティ要件とテストを取り入れるよう、技術チームに推奨してください。それによって、製品開発の様々な段階で、アクセシビリティ要件と検証を組み込むことができます。
Aceの使い方は、こちら:Getting Started Guide

最新情報については、ニュースレターに登録してください: subscribe to our newsletter

以上です。

M.M.