情報アクセシビリティをめぐる諸問題に関する研究集会

2018/01/16

情報アクセシビリティに関する研究集会のご案内の転載です。

ーー

「情報アクセシビリティをめぐる諸問題に関する研究集会」のご案内

開催日:平成30年2月23日(金),24日(土)

23日 13:00~18:00,  24日 09:00~16:30 (予定)

会  :日本大学理工学部駿河台校舎1号館3階132教室

〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14

https://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/surugadai/

参加費:不要

世話人:山口 雄仁(日本大学短期大学部)

鈴木 昌和(九州大学)

本研究集会のねらい

平成28年4月に障害者差別解消法が施行され,インクルーシブな環境を実現するための合理的配慮が教育現場や職場に強く求められるようになりました。しかし一口に合理的配慮と言っても,視覚障害や発達障害など障害の特性に応じて利用しやすいコンテンツにはかなりの違いがあります。一般文書から教科書や教材、科学技術情報まで多様な文書情報がある中で,個々のユーザーのニーズに合わせていかにそれらを最適な形でアクセシブルにするか,それが現在支援技術の分野で最重要な研究課題の一つとなっています。

本研究集会は、情報アクセシビリティに関する研究者,システム開発者,コンテンツ製作者,利用者ニーズに関する研究者など,多様な視点での研究者が一堂に集い,最新の研究動向に関する情報交換や成果報告を行って,今後の「合理的配慮」の質向上に資することを目的とするものです。

多様な視点・立場からの研究発表・企画提案を募集いたしますので,皆様奮ってお申し込み頂きますよう,お願い申し上げます。

発表(参加)申し込み締切:平成30年1月20日(土)

申し込みは末尾にある申込用紙にご記入の上,なるべくEメールでお願いいたします。なお,受け付けた方には数日以内に返信しますので,2,3日経過しても返信がない場合は,お手数ですが確認のため改めてご連絡くださるようお願いいたします。

申し込み先:山口 雄仁(代表世話人)

日本大学短期大学部(船橋校舎)

E-mail: eugene@gaea.jcn.nihon-u.ac.jp

Tel/Fax: 047-469-5285(ダイヤル直通)

発表要旨原稿提出締切:平成30年2月10日(土)

原稿の書式など詳細については,申込者の方に別途メールでご連絡しますが,

A4版1,2枚のレジメを事前にご提出頂きます。

連絡・問い合わせ先

山口 雄仁(ヤマグチ カツヒト)

日本大学短期大学部(船橋校舎)

〒274-8501 船橋市習志野台7-24-1

Tel/Fax: 047-469-5285

E-mail: eugene@gaea.jcn.nihon-u.ac.jp

または,Katsuhito.Yamaguchi@nifty.com

関連補助金の名称等

日本学術振興会 平成29年度科学研究費補助金基盤研究(A)

「理数系をはじめとするデジタル教科書をバリアフリー化するシステムの研究」

(研究代表者:山口 雄仁)

参加申込用紙

送り先:eugene@gaea.jcn.nihon-u.ac.jp

申込日:平成     年     月     日

お名前:

(ふりがな):

ご所属:

発表希望の有無: 希望する・希望しない  [いずれかに○]

【連絡先情報】

住所:〒

E-mail:

Tel:

Fax:

【発表予定内容情報】(発表希望の方のみ)

題目:

著者名(所属)[発表予定者に○印]:

概要(150~200文字程度):

発表日のご希望があればお書きください:

発表に必要な機材(プロジェクタ以外のもの):

【懇親会について】

2月23日(金)研究集会終了後に懇親会開催を予定しております。そこで,懇親会への参加を希望される方は,以下に○をおつけください。なお,参加者の方には会費(5,000円程度)を申し受けさせて頂きます。

懇親会に参加希望

ーー

転載終わり

M.M.