DAISYコンソーシアムの「アクセシブルなEPUB3のためのベースライン」プロジェクト

2016/06/16

DAISYコンソーシアムの「アクセシブルなEPUB3のためのベースライン」プロジェクト
EPUB3は、オープンなwebプラットフォームとHTML5をベースにしています。そのため、ウェブ・アクセシビリティ・イニシアティブ(WAI)の活動の恩恵を受け、出版社の追加的な活動がなくとも、障害者が活用できる機能を多く備えています。しかし、出版社は、これまでのワークフローになかった、アクセシビリティ要件について注目する必要があります。要件の詳細は、EPUBアクセシビリティ規格にあります。
DAISYコンソーシアムは、Google.orgの助成により、出版社のためのツールを開発します。この活動により、出版社が、障害のあるなしに関わらず、全ての人が読める電子書籍を出版することができるようになります。

プロジェクトの目標は、次の2点です。
・電子出版のアクセシビリティ要件の、業界全体の規格の作成。
・出版、流通、販売を通して顧客が入手するまでの、供給プロセス全体におけるアクセシビリティ実現を支援するインフラの整備。

この目標を達成するために、次の4つの活動が実施されます。
・EPUBのアクセシビリティ規格と認定制度の開発
出版社が、出版物をアクセシブルにするために何をすればよいかを定義し、また、アクセシビリティ認定を発行して、実施を促進します。アクセシビリティ・メタデータと、内容のアクセシビリティの両方を対象とします。
・アクセシビリティの確認ツールの開発
出版社による基本的なアクセシビリティの実施を支援するために、アクセシビリティに関連する警告やエラーと推奨を表示できるツールを開発します。このツールは、教育関係の調達部門を含む第三者や消費者も活用できます。
・閲覧システムのアクセシビリティ評価
閲覧システムのための、基礎的なものと高度なものの両方を含む、アクセシビリティの基準を定義します。また、閲覧システムを評価して、開発者、教育機関や読者に情報を提供します。
*閲覧システムとは、ビューアや再生ソフト、再生機器等EPUB3コンテンツを読むために読者が使うあらゆるシステムのこと。
・インクルーシブ出版の情報ハブの開発
出版社、技術業界、教育機関、読者を対象とした、インクルーシブ出版とその表示・再生に関する情報を提供します。アクセシブルな出版に関する情報は、http://inclusivepublishing.org/ に蓄積されます。

以上4つの活動は、ジョージ・カーシャーとアブニーシュ・シンが統括します。各活動はそれぞれの専門家により推進されます。
プロジェクトの進捗については、http://inclusivepublishing.org/をご確認ください。

以上は、DAISYコンソーシアムの記事の概要の日本語訳です。もとのページは次のURLにあります。http://www.daisy.org/baseline

M.M.