最新の投稿

divider line

「Dolphin Publisher」 販売

Dolphin Publisherは、マルチメディアDAISY図書制作用のソフトウェア(テキスト・音声・画像のはいったDAISY図書を作るためのソフト)で、DAISY2.02、DAISY3、EPUB3規格の図書の作成ができます。次の特徴があります。 合成音声(TTS)による自動音声生成と、肉声録音の両方が可能 テキストを打ち込み/ コピー&ペーストするだけでXHTMLファイルが自動的に生成できる。 続きを読む

アルバイト募集

ATDOでは、アルバイトを募集しています。 条件等の詳細については、次のリンク先のPARTNERのページに掲載していますので、そちらをご確認ください。 http://partner.jica.go.jp/recruitdetail?id=a0T5F00000PupUj&mode=DETAIL ご応募お待ちしております。   続きを読む

DAISY技術ニュース 2017-08a

DAISY技術ニュース2017-08aが配信されました。 原文:http://www.daisy.org/techwatch-2017-08a 以下、概要の日本語訳です。 1、開催催しのお知らせ 2、Office365とEPUBサポートを含むEDGEの学習ツール 続きを読む

国連広報センター 河村副理事長インタビュー

  2013年のものですが、河村副理事長のインタビューが、国際連合広報センターのウェブサイトに掲載されています。 「人権デー2013」第5回 DAISYをもっと多くの障害者のもとへ http://www.unic.or.jp/activities/humanrights/hr_day_2013/kawamura/ 続きを読む

NHK発達障害プロジェクト

NHK発達障害プロジェクト 「当事者のリアル告白」動画、「発達障害って何?この際、はっきり知っておきませんか?」など、発達障害に関する情報が掲載されています。 また、番組放送予定も掲載されています。 「「見えにくい」がゆえに誤解の多い障害 2017年5月から1年かけて 続きを読む

DAISY技術ニュース 2017-07a

DAISY技術ニュース 2017-07a が配信されました。 原文はこちら:http://www.daisy.org/techwatch-2017-07a 以下、概要の日本語訳です。 1.開催催しのお知らせ 続きを読む

W3C パブリッシング・サミット 2017

関連催しのお知らせです。 W3C パブリッシング・サミット 2017 How Web 続きを読む

全国図書館大会 東京大会 10月

関連催しのお知らせです。 全国図書館大会 東京大会 第103回全国図書館大会の東京大会が、2017年10月12日(木)13日(金)に、国立オリンピック記念青少年総合センターで予定されています。 13日(金)の分科会では、次の講演も予定されています。 国際交流 「「持続可能な開発のための2030アジェンダ」をめぐる動向(仮)」 ATDO 河村副理事長が講演 続きを読む

ICT CONNECT 21「生涯、情報にアクセスできる社会を目指して」講演内容掲載

ICT CONNECT 21主催で、2017年2月17日に、東京のインプレスグループセミナールームで開催された日本DAISYコンソーシアムの河村会長の講演内容がDINFに掲載されました。 「生涯、情報にアクセスできる社会を目指して」 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/daisy/20170217_kouenkai.html 続きを読む

DAISYプラネット2017年6月号

DAISYコンソーシアムのニュースレター「DAISYプラネット2017年6月号」が配信されました。http://www.daisy.org/planet-2017-06 以下、概要を日本語にしました。 トピックは次の6つです。 1.フランスでのEPUBと電子書籍エコシステムの進展 2.国際アクセシビリティ認証とは? 続きを読む

EPUBアクセシビリティ1.0概要

EPUBアクセシビリティ1.0の概要について、次のページで分かりやすくまとめられています。 EPUB Accessibility 1.0 概要 続きを読む

北海道新聞(釧路市教育委員会の取り組み)

北海道新聞に釧路市教育委員会のデイジー教科書の取り組みについて掲載されました。 https://blogs.yahoo.co.jp/natyuroudoku/GALLERY/show_image.html?id=43334566&no=0   G.M.

慶應SFC研究所のアドバンスド・パブリッシング・ラボ

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス研究所のアドバンスド・パブリッシング・ラボ設置の関係リンク2件です。 SFC研究所と株式会社KADOKAWA、株式会社講談社、株式会社集英社、株式会社小学館、株式会社出版デジタル機構は、未来の出版に関する研究をおこなうAdvanced Publishing Laboratory(APL)を共同設置 http://www.sfc.keio.ac.jp/news/012493.html 続きを読む

AndroidでEPUBの音声読み上げ

AndroidでEPUBの音声読み上げを試してみました。 アプリは、EPUBテストでアクセシビリティの評価が高いVital SourceのBookshelfを使いました。下記試した手順です。 1.Playストア で「Googleテキスト読み上げ」をインストール 続きを読む

AHEAD JAPAN公開セミナー 「障害学生支援と情報アクセシビリティ:日本と各国における施策の動向」

講演会のお知らせです。石川副理事長の講演があります。以下転載。 AHEAD JAPAN公開セミナー 「障害学生支援と情報アクセシビリティ:日本と各国における施策の動向」 日時:2017年6月22日(木曜日)13:30~16:30 続きを読む

DAISY技術ニュース 2017-06a

DAISY技術ニュース 2017 06a が配信されました。 下記、記事題名等の日本語訳です。原文はこちら:http://www.daisy.org/techwatch-2017-06a 1、ツール情報 続きを読む

EasyReaderのiOSアプリ

EasyReaderのiOSアプリ英語版が、Dolphin社の30周年記念として無償でリリースされました。 Windows版のEasyReaderと同じ機能が使えます。 「My Clipboard Texts」から、ウェブサイト等からコピーしたテキストの読み上げができます。音声の設定を日本語にすれば、日本語の文章の読み上げができます。 続きを読む

シンポジウム「アクセシビリティ法は社会をいかにして・どのように変えてきたか―諸外国の事例を中心に」

情報通信政策フォーラム(ICPF)主催の講演会のお知らせを転載します。石川副理事長が講演します。 シンポジウム「アクセシビリティ法は社会をいかにして・どのように変えてきたか―諸外国の事例を中心に」 米国が「障害を持つアメリカ人法」とそれに続く一連のアクセシビリティ法制で先行し、欧州が制定に動く「アクセシビリティ法」はいかなる手法を社会に導入し、社会をどのように変えてきたのでしょうか。本シンポジウムでは、アクセシビリティ法制の専門家であるG3ictのジェームズ・サーストン氏を講師に招いて学びます。また、日本におけるアクセシビリティ法制の必要性等について討論します。 どうぞ、皆様ご参加ください。 主催 続きを読む

国連における障害者の参加とアクセシビリティの課題

6月15日にニューヨークの国連本部で開催される国連障害者権利条約締約国会議サイドイベントで、河村副理事長がパネリストとして登壇し、2015年に仙台で開催された第3回国連防災世界会議におけるアクセシビリティサポートについて話します。 Accessible Global Governance: Confronting 続きを読む

DAISY技術ニュース 2017 05b

DAISY技術ニュース 2017 05b が配信されました。 下記、記事題名等の日本語訳です。原文はこちら: http://www.daisy.org/techwatch-2017-05b 1.ツール情報 続きを読む

河村宏氏瑞宝双光章叙勲記念講演会 図書館から図書館を超えて-障害者と情報、その軌跡とこれから-

日本図書館協会主催の、河村副理事長の講演会のお知らせです。 以下転載( http://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/20170704kawamura.html ) 河村宏氏瑞宝双光章叙勲記念講演会 図書館から図書館を超えて-障害者と情報、その軌跡とこれから- 平成29年春、図書館における障害者サービスの向上、世界の障害者の情報環境の改善に長年関わってこられた河村宏氏が、瑞宝双光章を受章されました。 この叙勲を記念して、河村氏に、これまでの障害者の情報環境の改善への取り組みと、今後の世界が目指すものについて伝えていただく講演会を開催します。 続きを読む

ウェブ・アクセシビリティ

ATDOウェブサイトのリニューアルにあたっては、Techbilityにお世話になりました。 Trchbilityでは、アクセシブルなウェブデザインと開発や、アクセシビリティのコンサルタント等を提供しています。 ATDOのウェブサイトは、WCAG 2.0(ウェブ・コンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン2.0)に準拠しています。 新しいウェブサイトに関するご意見等ありましたら、info@atdo.jpにお寄せ下さい。 続きを読む

ダスキン研修2017

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業で、今年は、ラムダスさん(インド)と、サンカさん(スリランカ)が、ATDOにDAISY研修のため来てくれました。 2週間の基礎研修を受けた後にインターンシップ(遠隔)をしました。 研修ではAMIS、Obi、Tobi、Save as DAISY 続きを読む

ハノイで理数系文書アクセシビリティのミーティング

ミーティングの様子

「ベトナムの視覚障害者の理数系書籍のアクセシビリティ向上事業」(JICS(日本国際協力システム)助成)第一回ミーティングを、5月27日28日に、ハノイ市視覚障害青年の職業訓練とリハビリテーションセンターにて行いました。 ATDOがコーディネートをして、サイエンス・アクセシビリティ・ネットから日本人専門家を招聘し、ベトナム側はLift You Up (高等教育における視覚障害学生の教材のアクセシビリティの支援をしている団体)、ハノイ盲人協会、ブリッジ・オブ・ライト(視覚障害者にandroidによる支援をしている団体)、ハノイ盲学校等から参加があり、6人の視覚障害者を含む11人が集まり、熱心なディスカッションが行われました。 続きを読む

DAISY技術ニュース 2017 05a

DAISY技術ニュース 2017 05a が配信されました。 下記、日本語要約を追加したものです。原文は、DAISY Tech 続きを読む

国会図書館の視覚障害者等用データの送信を受けることができる図書館等としての承認を受けました

国会図書館の視覚障害者等用データの送信を受けることができる図書館等としての承認を受けました(平成29年5月2日付) 視覚障害者その他視覚著作物をそのままの方式では利用することが困難な方に送信サービスのデータを著作権法第37条の権利制限規定に基づいて提供することが可能になりました。 M.S

平成29年春、河村副理事長、瑞宝双光章受章

平成29年春の叙勲の受章者が4月29日(土)付で発令され、当機構副理事長河村宏が、瑞宝双光章を受章することとなりました。 障害当事者が主体的にかかわる形での情報アクセシビリティの改善に、長年、誠心誠意携わってきた功績が認められてのことと思います。 http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10108000-Daijinkanboujinjika-Jinjika/20170429jokun.pdf (R.M.)

DAISYコンソーシアム総会・講演会 オランダ・ハーグ (2017年6月27日28日)

2017年のDAISYコンソーシアム総会が、6月27日にオランダのハーグで開催されます。 6月28日に、DAISYコンソーシアムのフルメンバーであるオランダのDediconが「Better Together」という講演会を開催します。 Google、マイクロソフト、エルゼピア等のアクセシビリティ担当者による講演や、各国のDAISY関係の最新技術の講演が予定されています。 http://bettertogether.dedicon.nl/ 続きを読む

デイジー教科書の教育委員会からの一括申請が可能に

デイジー教科書の教育委員会からの一括申請が可能になりました。 詳細は次のページにあります。 http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/book/daisytext_application_board.html

デイジー教科書利用者数(都道府県別)

都道府県別のデイジー教科書利用者数が、リハビリテーション協会のページで公開されています。 http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/book/daisytextcount_h28.html

DAISYニュースレター 2017年3月号

DAISYコンソーシアムのニュースレター、2017年3月号が出ました。 今回から、Word版とEPUB版、また、フランス語とスペイン語の翻訳版も提供されています。 http://www.daisy.org/planet-2017-03 いくつかピックアップして日本語にしました。 *エジプトのアレキサンドリア図書館は、2月12日にマラケシュ条約批准に向けてのシンポジウムを開催した。 続きを読む

日本DAISYコンソーシアムへのご支援のお願い

日本DAISYコンソーシアムでは、団体・個人の会員を募集しています。 日本でのDAISYの普及活動を応援してくださる方は、ご入会いただけると助かります。 活動継続のためのご支援をお願いいたします。 詳細:http://www.normanet.ne.jp/~jdc/enrollment/index.html 正会員:DAISYコンソーシアムの趣旨に賛同する非営利の施設、団体であって、運営委員会に代表を送り、JDCの意志決定に参画する会員である。正会員はDAISYコンソーシアムのAssociate 続きを読む

国際シンポジウム -デジタル教科書のアクセシビリティ- 報告公開

2016年11月18日に開催された、各国のデジタル教科書の現状についての報告を中心とした国際シンポジウムの内容が公開されました。 日本語での報告 English Report 国際シンポジウム 続きを読む

活用事例「見えにくくなってから、孫の誕生とDAISYが希望を与えてくれた。」

「見えにくくなってから、孫の誕生とDAISYが希望を与えてくれた。」と話すのは、二瓶峯子さん(S22年1月生まれ)。今は家事をしながら一日中携帯型のDAISYプレーヤーで本を聞いているそうです。 二瓶さんは、60歳位までは、月に4、5冊、文芸本・小説・随筆・アンソロジーなどを読んでいましたが、疾病により、視力が落ちて読めなくなってしまいました。 H25年9月に視覚障害者手帳(2級)をもらってから2、3ヶ月後、「本が読みたい。読めないから聞きたい」という思いで、DAISYを使い始めました。二瓶さんにお話を伺いました。 【DAISY図書をどこで借りていますか?】 デイジーはバージョンや設定などがいろいろあって、はじめ使い方がわかりませんでした。サピエ図書館を知って、利用登録して、サピエのダウンロードをして読みたい本を使えるようになりました。 続きを読む

無料でダウンロードできるDAISY図書のリスト

誰でも無料でダウンロードできるDAISY図書があります。試してみましょう! DAISYファクトリー http://www.normanet.ne.jp/services/download/daisy.html 多言語えほん(再生ソフト付) http://www.normanet.ne.jp/services/download/rainbow.html 続きを読む

EPUB 3.1がIDPFのRecommended Specificationに

EPUB 3.1がIDPFのRecommended Specificationとして承認されました。 EPUB3.1ではアクセシビリティに関する仕様が含まれています。 EPUB3.1 続きを読む

文科省による音声教材需要数調査結果

2016年秋に、文科省による音声教材需要数調査が、都道府県教育委員会に対して実施されました。 音声教材とは、教科書バリアフリー法に基づき、大学や団体等により作成される障害のある児童生徒向けの教材のことで、デイジー教科書(紙の検定教科書の内容をDAISY規格のデジタル版にしたもの)も含まれています。この調査の趣旨は、①音声教材の製作者に円滑に提供をしてもらうために、事前に音声教材の需要数を把握すること、②障害のある児童生徒の把握の促進にあります。 この調査は、全国のデイジー教科書製作ボランティア団体が、デイジー教科書製作の要望タイトル数の増加に対し、すべてに対応できないという限界を感じて障害のある児童生徒へのアクセシブルな教科書の提供に関する要望書を2016年1月に当時の文部科学大臣に提出したことをきっかけに実施されました。 「マルチメディアデイジー教科書提供についての要望書」リンク 調査の結果は、小中合わせて6344名が、31449点の音声教材を必要としているというものでした。 続きを読む

講演会 DAISY国際会議連携:EPUBアクセシビリティ

2016年11月17日 にJEPA主催、JDC共催で開催されたEPUBアクセシビリティに関する講演会の記録が公開されました。 http://www.jepa.or.jp/sem/20161117/ 動画と発表資料が見られます。 (R.M.)

WIPOマラケシュ条約 20カ国の批准により9月30日に発効

2016年6月29日、WIPOのマラケシュ条約にエクアドルとグアテマラが批准し、6月30日にカナダが批准し、20カ国の批准により、9月30日にマラケシュ条約が発効されました。 マラケシュ条約に関係する記事 E1455 – 障害者のアクセス権と著作権の調和をはかるマラケシュ条約 続きを読む

DAISYフォローアップ講習 in ハノイ DAISYプラネット記事掲載

DAISY trainees sitting around the table with PC

DAISYコンソーシアムのDAISYプラネットに、ベトナムのハノイでのDAISYフォローアップ講習の記事が掲載されました。 http://www.daisy.org/planet-2016-06#a8 M.M.

アクセシブルなEPUB3コンテンツ作成のための要点

アクセシブルなEPUB3コンテンツ作成のための要点 次のウェブサイトを参考に、DAISY製作者の立場から、アクセシブルなEPUB3コンテンツ作成のための要点をまとめてみました。また、製作ツールをリストしました。コメント等歓迎します。 DAISYコンソーシアム「Using Adobe InDesign 続きを読む

JEPAセミナー「IDPF Bill McCoy氏:電子出版の将来展望」記録公開

2016年7月7日に開催されたJEPAセミナー「 IDPF Bill McCoy氏:電子出版の将来展望」の発表資料とビデオがJEPAのウェブサイトで公開されています。 http://www.jepa.or.jp/sem/20160707/ 続きを読む

GoogleドキュメントでEPUB作成

GoogleドキュメントでEPUB出力ができます。 見出しのついたWordを準備すれば、Save as DAISYと同じような手順で、見出しナビゲーションができるEPUBを、簡単に出力することができます。 手順 続きを読む

Dolphin Publisher バージョン3.53 リリース

Dolphin Publisher バージョン3.53 がリリースされました。 バージョン3.52からの大きな変更はありませんが、いくつかの問題が修正されました。 続きを読む

DAISYコンソーシアムの「アクセシブルなEPUB3のためのベースライン」プロジェクト

DAISYコンソーシアムの「アクセシブルなEPUB3のためのベースライン」プロジェクト EPUB3は、オープンなwebプラットフォームとHTML5をベースにしています。そのため、ウェブ・アクセシビリティ・イニシアティブ(WAI)の活動の恩恵を受け、出版社の追加的な活動がなくとも、障害者が活用できる機能を多く備えています。しかし、出版社は、これまでのワークフローになかった、アクセシビリティ要件について注目する必要があります。要件の詳細は、EPUBアクセシビリティ規格にあります。 DAISYコンソーシアムは、Google.orgの助成により、出版社のためのツールを開発します。この活動により、出版社が、障害のあるなしに関わらず、全ての人が読める電子書籍を出版することができるようになります。 プロジェクトの目標は、次の2点です。 ・電子出版のアクセシビリティ要件の、業界全体の規格の作成。 続きを読む

石川准副理事長、日本人初の国連障害者権利条約委員に選出

障害者権利条約に基づく164締約国・地域の対策の状況を審査する、国連障害者権利条約委員会(CRPD委員会)の委員に当機構副理事長の石川准が選出されました。 日本人で初めての当選となります。 次のページに記事が出ています。 静岡新聞SBS「国連・障害者権利委員 静岡県立大石川教授が当選、日本人初」 http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/250833.html 続きを読む

「DiDRRに関する国際フォーラム:仙台防災枠組の実施」記録ページ完成

2016年4月8日に日本財団にて開催されました「DiDRRに関する国際フォーラム:仙台防災枠組の実施」の記録のページが、日本障害者リハビリテーション協会のご尽力により完成いたしました。 http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/world/2015dp/20160408didrr/Programme_Japanese.html R.M.

The proceedings HP of the International Forum on DiDRR: Implementing the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction

Thanks to the contribution by 続きを読む

音声付きのEPUB3に対応した再生ソフトのリスト

音声付きのEPUB3(EPUB3 Media Overlays/メディアオーバーレイ)に対応した再生ソフトについては、「EPUB Test」の「Reading Systems」のページで対応リストを確認できます。 続きを読む

Zero Project Conference 2016 (オーストリア・ウィーン)~ ゼロプロジェクト( Zero Project )に参加して 2016年2月10日~13日

ゼロプロジェクト( Zero Project )に参加して 丸市 剛 続きを読む